06≪ 2018/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011-09-19 (Mon)
    愛情・安静のタッチケア

この度、アロマリーフ弘前では
ガンや病気の方、高齢者の方、お子様へ、
よりよいサービスを提供するために
新たなタッチケア手法を導入することになりました

先日8月31日、NHKで「ためして ガッテン」という番組で
とり上げられていましたが…
ご覧になりましたか?

その際、番組で紹介されたタッチケアを
認知症の女性の方へ施術したところ
妄想、暴言、攻撃性が抑えられ症状が安定

それだけではなく、介護をされているご家族への
感謝の言葉もありました

番組で紹介されていたのは
スウェーデン生まれの技術で
「タクティールケア」といいます

ツボや反射区刺激、筋肉マッサージとは違い
優しい接触を継続的に行うことで
オキシトシンという、別名「愛情ホルモン」といわれる
ホルモンを分泌させて、ストレスを軽減したり
痛みや吐き気の軽減をすることも研究で実証されています

アロマリーフ弘前が
「タクティールケア」導入のきっかけになったのは…

今年の5月に市内の病院に
末期ガンで入院中のお客様とご家族から
施術依頼があり、継続してお伺いしたことからです

もちろんオーダーメードコースで
対応していましたが… 施術中に
リンパドレナージ、リフレクソロジー、アロマトリートメント、
整体、それら以外の技術が必要と感じました
   
病院着、むくみを抑える強力なストッキングの着脱は
体力を消耗すると思われ、
たくさんの管につながられて、施術をするスペースも
確保しづらい状況 でした

また、痛みや吐き気、嘔吐の辛さ
病気に対する悔しさを感じている方へ
何をできるかを考えてきました 
   手 施術
そこで、以前から関心があった「タクティールケア」で
もう一度、原点にかえりタッチケアを学びたいと思いました

Aさんは、余命わずかと宣告されましたが
その後3週間、何回かお会いすることができました

末期がんの緩和ケア、病気の補完療法として
お手伝いをしている以上、生と死に向き合うことは
避けられません 寂しい現実です
   小 DSCF0250
タクティールケア…
もう二度とお会いできなくなった方たちへ
施術してあげたかったなぁと、たまに思い出しています
   
ということで
この「ためしてガッテン」で注目された
タッチケアを、当サロンの施術を受けられた皆さまへ
背中か足か手のいずれかをサービスしたいと思います 
 
詳しくは、ホームページの「おしらせ」をご覧ください

福祉施設においてタッチケアに
関心がある方もどうぞご連絡ください
スポンサーサイト


ホームページはこちらです http://ri-fu.com

ご予約・お問い合わせ http://ri-fu.com/reservation.html

電話 0172-33-7409 090-8423-1924


| 期間限定のイベント | COM(0) |







管理者にだけ表示を許可する