FC2ブログ
11≪ 2011/12 ≫01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011-12-12 (Mon)
 救急救命 AEDの講習

先週、救急救命講習会に参加しました
講師は弘前消防署の職員です
  
この講座のチラシが自宅に届いた時に
数年前の出来事を思い出しました

1110003.jpg
それは、東京に出かけたとき…
駅構内で、倒れている60歳代後半男性に声をかけ
助けを求める男性の姿
を発見

都会では見慣れた風景なのか
誰も立ち止まらない…

倒れた男性は、顔面蒼白で意識がない状態…
近くの人に駅員と救急車を呼んでもらいながら
ネクタイ、ベルトを緩め、革靴を脱がせ
上着で保温を…


背広には名前が刺繍されていたので
男性のバックを開け手帳から住所をみつけました

ご自宅に電話をすると
奥様が出られて、「心臓病でペースメーカーがある」
と教えてもらい、
近くに寄ってきた人たちに
携帯の電源を切ってもらいました

また、ポケットには心臓の発作時の薬
ニトログリセリンがあることを確認 し
すぐに舌下させました

間もなく、男性の意識が戻り
救急隊が駆け付けて
経過を報告し 、よくやったと言われたものの

あの時…
人工呼吸、胸骨圧迫の手順が頭の中を
かすりましたが自信がなく

また、このおじさんに人工呼吸できるかなと
躊躇した自分も…

「生きているのかな?」と思い
手首の脈を確認…

すかさず 「医療関係者ですか?」と
信頼をよせる駅員さんに
「生きているのかと思って」ともいえず
中途半端な手助けしかできない自分を
情けなく感じました

私は、医療機関併設の福祉施設で働いた時
すぐに、医師や看護師が駆け付ける環境で
介護職の私は、救急救命に対し
かなり甘かったことを反省しました
1120008.jpg
(消防庁のチラシの一部から…ブログ掲載の許可をいただきました)

いつか、倒れた人を発見した時には
的確な救急救命をしたいと思っていました
今回、講習ができたので
ようやく安心です
AEDの使い方もお任せください

ちなみに、隊員に確認したところ
人工呼吸に戸惑いがあれば
胸骨圧迫を続けるようにとのことでした


アロマリーフ弘前のホームページは http://ri-fu.com

ご予約・お問い合わせ http://ri-fu.com/reservation.html

電話 0172-33-7409 090-8423-1924


スポンサーサイト
| サロンつれづれ日記 | COM(0) |